DesignSpark Pmod HAT と Pmod I2S

という事で、DesignSpark Pmod HAT と Pmod I2S を使用する時の注意点としては、下記の点でしょうか。

・Pmod HAT に Pmod I2S を直接取り付けると配線がおかしいので動かない
・/boot/config.txt に dtoverlay=hifiberry-dac を追加すれば音は出る

使うの面倒な気がしてきます。
が、何か根本的に間違っているんじゃないかと心配にもなっていたり。

 

※なお、接続先はこんな感じです。

1 MCLK —- 40ピンコネクタの12ピン (Pmod HAT JAの10ピン)
2 LRCLK —- 40ピンコネクタの35ピン (Pmod HAT JAの8ピン)
3 SCK —- GND  (Pmod HAT JAの11ピン)
4 SDIN —- 40ピンコネクタの40ピン (Pmod HAT JAの7ピン)
5 GND —- GND  (Pmod HAT JAの11ピン)
6 VCC —- 3.3V   (Pmod HAT JAの12ピン)

ピン配の変換基板でも作らないと、接続するだけでも大変ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA