Raspberry Pi で fMSX を動かす

Raspberry Pi で MSXエミュレータである fMSX をビルドして動かしてみます。
このページ(I2Cで制御できる80円のPSG互換チップで遊ぼう)で紹介されている動画の内容をやってみたいな、というのが最終目的ですが、今回はビルドができてエミュレータが動作するところまで。

準備

Raspbian は 2018-11-13-raspbian-stretch-full.img を使用しました

https://fms.komkon.org/fMSX/ からファイルをダウンロード
今の最新は 5.4 なので、fMSX54.zip です。

ビルドする

適当にディレクトリを作成して fMSX54.zip をコピーした後

unzip fMSX54.zip
cd fMSX/Unix
make

ファイルが足りずに怒られたので必要なファイルを追加

sudo apt install xorg-dev
sudo apt install libpulse-dev

再度挑戦

make

できました。
fmsx という実行ファイルが作成されます。

動かす

ROMファイルと同じディレクトリに fmsx をコピーして実行
(fMSX54-Windows-bin.zip を解凍すると必要なファイルは揃いました)

./fmsx

とりあえず、これで fMSX を動かすことができました。

が、音が鳴りません。
LPC810 を接続してそこからだけ音が出れば良いのであればここまでですが、Raspbian上でも音を出したい場合は PulseAudio を追加します。

sudo apt install pulseaudio

これで、音も出るようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA